ハピログ

あいちゃんがハッピーになるためのログ

「セフレ」の存在が自分に与えた影響とその良し悪し



f:id:aita94:20171004213027j:plain

あなたには、「セフレ」がいますか?

セフレとは、セックスフレンドの略です。
セックスフレンドとは、セックスだけをする、もしくはセックスもして、仲が良いけど付き合っていない人のことです。

私が見る世間からは、セフレは良いものとはされていません。
理由は、付き合ってもいないし、結婚してもいないのに、身体の関係を持つことはけがらわしい、倫理的?人的にどうなのかと考えるからです。

 

私も、セフレがいる人は汚い目で見ています。
ですが、私自身大学時代2年ほど、セフレがいました。
今思えば汚いです。本当に。
そんなセフレが私に与えていた影響を書いていきたいと思います。

 

 

良かったこと

性欲が満たされる

こんな話をするのも恥ずかしいですが、したいと考えた時にいつでもできていたので、性欲で困ることがありませんでした。

その時の寂しさがまぎれる

セフレとは、寂しい時にも会っていたので、寂しさがまぎれました。
寂しーと言ってあっては、そういうことをしていましたので、「寂しい=したい」という合図でしたね。

 

悪かったこと

相手を好きになり、相手に拒否され、精神的に不安定になった

セフレの期間が長くなるにつれ、私は気付いたらセフレのことが好きになっていました。
好きになって、そのことを伝えたら、俺はそうじゃないと言われました。
そして、それでも私がセフレを好きと知っていても、セフレは私もただのセフレとして扱いました。
相手を好きという気持ちで、しかもそれを知っているうえでそういう行為をすることで、心はズタボロになりました。
相手はそれを知っているけれど、快楽のために私を使い続けていると思うと、悲しくて仕方がなくなりました。
でも、一緒にいたいとか、寂しい気持ちから逃れるために、セフレとの縁が切れず、精神は不安定になるばかりでした。

 

セックス依存症のように、どうにかしてでもできないか、暴走するようになった

セフレに拒否されるようになってから、今では考えられませんが「出会い系」に手を出すようになりました。
誰でもいいから、寂しいから、そばにいてほしい、もうなんでもいいからと思うようになりました。
そして、セフレというものがいたせいで、セックスに対するハードルが落ち、経験人数だけが時間とともに増えていきました。
不特定多数との関係をもつなかで、避妊をしてくれない人(させましたが)、無理やりしようとしてくる人、連れ去ろうとする人など危険な人がいました。
そういうのにも傷つきながら、セフレとも行為をし、傷つき、自分自身がおかしくなってしまっていました。

 

セフレとの関係がおかしくなり、立ち直るまで

セフレとの関係がこじれて、それでもまだ行為をする間柄が続いて、
ついに、セフレが大学を卒業することになりました。

これを機に、関わることが全くなくなりました。
逆に、卒業という機会がなかったら、このドロドロとした生活は終わることがなかったんだろうなぁと思っています。

セフレが卒業してからは、精神的に落ち着き始め、自分を大切にしてくれる友達(今の彼氏)の存在に気づくことができ、今ではだいぶ元気になりました!

 

セフレって良いものなの?

セフレは、性欲を満たす、寂しさを紛らわせる点については良いものだとおもいます。
男性からすれば、セフレは都合がよくて、最高かもしれません。
ですが、女性の立場から考えると、弱い立場になるのではないかと思います。
私は感情の面でダメージを受けましたが、妊娠だってする可能性があります。
ピル飲んでるから大丈夫、という人もいますが、病気だって移る可能性があります。
そもそも、私は大好きでない人とコンドームなしですることが気持ち悪くて仕方がないのですがね.....。それについてはまた今度詳しく話そうと思います。
結局ですが、セフレはあまり良いものではありませんでした、というのが私の感想です。

 

最後に

結局は、セフレの存在なんて、その人の考え方ひとつで良くとらえられます。
ですが、やっぱりどうしてもセフレがいる人も気持ち悪いし、自分の欲にしたがって生きることも大切ですが、欲にまみれるとよくないんじゃないかなぁと思います。
とにかく、私はセフレはもう一生作りたくないし、セフレがいる人は嫌いかな....。

 

関連記事

 

aita94.hateblo.jp