Ai's Story

彼氏にくっついてオーストラリアに行くか迷い中。

大学時代の正論しかいわない先輩と電話できないかアポをとってみた

あいぼんです。

 

昨日の夜、「自分はこのまま、仕事をやめていいのだろうか、どうしよう」

という考えが頭からはなれず4時まで寝れず、

深夜3時ぐらいに大学時代死ぬほどお世話になった先輩であり、元セフレに連絡をとりました。

 

この人と大学時代にずっと、私は支えられていたというか、なんとか死なずに好きなサークルを続けることができていました。

 

自分から連絡をとるのはたぶん1年以上ぶりです。

 

でも、どうしても先輩にしかわかってもらえない悩みを相談したかったのです。

 

大学時代に今の職につくきっかけをくれたのはこの先輩でした。

そして、最後までおしきってくれたのも先輩でした。

その先輩に今の状態を話したかったのです。

自分の将来を応援してくれていたし、いろんなコネをつたってくれようともしたし。

セフレになったことはちょっと、アレなんですが。いろいろ問題はありましたが。

 

実は、20日朝、最終的な「仕事を辞めるのか、辞めないのか」についての確認があります。

上司には、まだ気持ちが変わって続けたくなったらそれはそれでいいよ。と言われており、まだ気持ちが揺れているのです。

 

なので、急ですがその先輩にアポをとったというお話でした。

 

自分の人生、満足できるように生きたいな。