ぼーっと女子

まともに勉強してこなかった大卒女がもがくブログ。

コミュニケーション・苦手・精神科

あいぼんでし。

f:id:aita94:20170530104159j:plain

今日一発目の記事は、私はコミュニケーションがもーーーーーーーー苦手で仕方がないという記事です。

言い訳、矛盾、甘えいろいろあります。

でも、書き残します。

 

私は、コミュニケーションが苦手です。

なぜかというと変にマジメで、一般常識もあまりない、会話ネタがない、自分の自慢話ばっかりする(昔から、でもそれに気づいて話さなくなったら喋らなくなったw)、人に不快な気持ちを与えるぐらいなら一人でたいと思うようになった。などなど理由があります。

 

でも、働く上で「コミュニケーション能力」って必要ですよね。

 

大学時代は友達との会話だったし、好きな人と話していたので苦にはならなかったのですが

大学を卒業した今、人と話すのが苦痛です。

コミュニケーションとらなきゃとか、ちゃんと話聞かなきゃとかいろんなプレッシャー。

 

人と関わることは私は基本的に苦手(人と関わりたいけど)

特に自分が自慢するばっかりの人間で、それが相手にとっては嫌で嫌で仕方ないことは知っていたので

自分は人に自慢話とか、彼ら自身の話をされることがとてつもなく苦手です。

 

そして、不幸話もされると、自分の不幸なことも話さないほうがいいのでは、と思うのです。

この人は自分が一番つらいから、自分の経験は言わないほうがいいよな、とか

自分の話しても彼は今自分の不幸話をしたいからあんまり自分の話きかないんだよなぁとかとか。

 

人との距離感がわからないのかな?

タイミングとかもそう

あと、私話すとしてもその場とかに合っていない突拍子もないことを言い始めたりするんですよね。

 

コミュニケーションしないと結局は生きていけない

コミュニケーションが苦手で仕方ないですが

この世界で生きている限りコミュニケーションなしでは生きていくことができません。

私は相当性格とか考え方とか歪んでいるので、その歪みを治して人とのコミュニケーションが円滑にできたら良いなーって思います

 

私の彼氏は誰とでもすごいぐらいコミュニケーションを円滑にできる人です。

どんな相手でもどんな話題でも話ができます。すごいです。

ずっと隣で見てきましたが、彼は基本聞き役なのですが、聞き方もうまかったり

要点をまとめたり、ツッコミ方がうまかったり

あと、何よりすごかったのは私が彼に自慢話をしてもそれを

「普通にすごいこと、あいぼんが頑張ったからできていることで、自慢話に聞こえない。むしろ頑張った歴史だと思う」と考えるのです!!!!!!!!!!!

スゴイ.....。

私の思考だと

「こいつ永遠と自分の話ばっかりして、自分ができることの自慢ばっかりして何がしたいの?うるさい!一人にさせて!」

と思ってしまいます.....。

 

なんでしょうね、この違い。

 

あと、こんな私ですが彼氏の話は自慢話と思って聞いたことがないですね

彼氏の話は自然と受け入れられるんです。

 

ということは、他人を受け入れようという姿勢がないから、会話にも認識が生まれてしまうものなのでしょうか。

 

人間関係の苦の果て、精神科に駆け込んだ

私は一時期、人との人間関係がうまくいかず、精神科に駆け込んだことがあります。

小学生高学年の頃から人間関係の構築がうまくいかないと感じ始めました。

そして、中学あたりからは漠然と死にたいなーとか友達との関係がうまくいかなくてつらいなーと思うことがありました。

 

高校あたりで悩みに悩み、リストカットをしたこともあります。

大学でも、人間関係で相当悩み、揉め、自分をないがしろにする人との付き合いで疲れ今まで以上にひどいリストカットをしました。

もうその時はひたすら死ぬこと以外考えられず、いろんな人にリスカするぐらいなら人付き合いどうにかしろよと言われたこともありました。

でも、自分はそれを見るほどの余裕もなく、どうもできずに辛くなってて治すという選択肢はなく、ただひたすら死ぬことだけを考えました。

 

ですが、就職のことを真剣に考えなければならない時期から

考えが少し変わりました。

自分がしたい仕事をハッキリ意識したのです。

その時、この自分の今の状態をなんとかしなくちゃ!とはじめて思いました。

そして、精神科に生き、約4ヶ月ほど週1で通いました。

 

精神科での出来事

予約1ヶ月待ち

はじめて精神科に訪れたのは2016年の年明けでした。

2015年の年末に精神科の予約の電話をした際は、予約が1ヶ月先まで入っている状態だったため、2016年頭になりました。

精神科で1ヶ月予約待ちって、すさまじいですよね。

初めて電話して、それを聞いたときは恐ろしかったです。

精神的に悩みを抱えていたりする人がそんなにもいるなんてと思うと、なんだかしんどくなりました。

 

精神科初日

病院にいくと、先生に会う前にいっぱい質問が書いてある紙を渡されました。

1つは自分の名前とか、年齢とか、家族構成とか

もう一つは精神的な何かを診断するための問診?かな?

それを書いて、先生と会いました。

女性の方でした。

あと、研修の方っぽい人がいました。

 

そこで、悩んでいることを喋りました。

昔から死にたい願望があること、人間関係が苦手ということ

そして最近しんどくてリストカットして、自分でどうしようもなくなって

でもなおさなくちゃいけないと思ったことなどいろいろと話しました。

 

話すことは、前日にワードにびっしり数千字書いていたのでスムーズに話すことができました。

精神科で悩みを話すときは、無計画だとちょっと伝わりにくいこともあると思うので、余裕のある方は伝えたいことをまとめていくといいと思います。

 

そして、話してるときは涙ボロボロでしたね(´・ω・`)

私は特に、今まで自分の内側にひっこめてたこを言うときめちゃくちゃ泣くっていう性質?がありまして

それと、その時を思い出す気持ちでただひたすら泣きながら、話をしていました。

 

そして、いろいろ話して結果的に感情のコントロールができないこと、認識のゆがみがあるのではないだろうかということになりました。

 

それを治療、なおしていくために週1の通院をすることになりました。

 

 

少し長くなったので、そのあとのことはまた別でかきます。

 

結果的には、彼氏ができ、精神的に安定したため2016年5月あたりから病院に行かなくなり、治療をしなくなりました。

ですが、精神は安定したもののいまだに感情のコントロール、認識のゆがみはあり続けているので、やはり根本的に取り組まないとだめだなぁと最近思っています。

 

長々とすみません!

ではでは。